03-6322-0607

営業時間 : ぷらすにこ
AM10:00-PM7:00(Mon, Tue, Thu, Fri)
AM11:00-PM6:30(Sat, Sun/土日)
定休日・水曜日(Wed_Closed)
E_mail info@plusnico.co.jp

床革で作った日傘

日傘 オーダー 皮 トコ皮型押し
Pocket

床革製の日傘

日傘 オーダー 皮 トコ皮型押し

床革で作る日傘の注文を引き受け、展示会用のサンプルとして作ってみました。

今回の革は本革ではなく床革の部分を再度一枚の革に再生して型押しをした物で作った日傘です。

ただ床革は本革の様に銀面が付いていないので、全く伸び縮みがしない革に仕上がっていました。

傘は生地の目に沿って伸び縮みする特性を生かして独特の丸みを出すので、今回の材料はまるでダンボール紙で作る様な商品となり、傘の丸みを出そうとすると革の部分が避けて破けるとこが出来たりしたので、つゆ先付けはグログランテープで縁巻きして補強した状態でつけてみました。

また傘の先端になる天綴じの部分は傘本体に巻きつける様にして、大き目の菊座と陣がさで抑えてなんとか形にしてみました。

今回作ってみて銀面のついている本革の方が傘としては形になりそうです。

それでも本革を薄くすくのにも限界があるでしょうからかなり重い傘になるとは思いますが、三鷹で古くから傘を作っておられた傘の師匠は、革で傘を作ったことがあるとおしゃってたので一度その時のことを聞いてみたいなとは思います。

傘の職人さんたちは高齢の方が多く、引退された方も多いので技術をできるだけ多く聞いて回りたいと思っているのですが、なかなか難しいですよね。

去年の3月に東京洋傘が伝統工芸品に認定されてもうすぐ1年になります。

伝統工芸士として東京都に約10名ほどの職人さんたちが登録される予定ですが、ぜひ日本製の傘の素晴らしさを日本だけでなく世界に広めたいですよね。

自分はまだまだ伝統工芸士にはなれませんが、あと数年修行してマスターの資格を得たいと思っています。日本の傘の普及を目指したお手伝いもできるようにまだまだ傘作りの技術を磨いて、いろいろな傘を作っていきます。

日傘 オーダー 皮 トコ皮型押し

床革の傘は写真のように傘自体の丸みが出なくて和傘のような形になってしまいます。傘骨に沿って革が伸びないので平らっぽい傘になりました。また傘を閉じる時も革が突っ張るような感じで、傘のように細く丸めて畳むことができません。柔らかい革ならばもう少し傘っぽくできるかもしれないです。和傘の作り方で作ればもう少し傘のイメージになったかもしれません。まだまだ修行ですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »